2014年04月02日

ピッチングスピードアッププログラム 森部昌弘 練習メニュー

 トレーニングメニューの意味が分かって練習していますか?
森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!プログラムは、プロも実践している
パフォーマンスをあげるトレーニングメニューが分かります。

pitching12.JPG

>>ピッチングスピードアップの練習方法を見てみる



あなたは、プロ野球選手も納得して実践している確実なトレーニングメニューを知りたい
と思いませんか?


今より速いボールを投げるには、体がよくしなる柔軟性だったり、各関節の広い可動域が
広がれば、それだけ動きの幅がおおきくなり、その分だけ体の動きが加速されれば、腕の
振りなども速くなり、ボールのスピードがアップしてきます。


そして、ピッチングのボールの速さを求めるなら、体の柔軟性は欠かせませんね。
特に腕の振りに繋がる肩と付け根である肩甲骨周りや、広めの歩幅を生む股関節はストレッチ
などのトレーニングで柔軟性をアップさせておきたい部分です。



脚の付け根部分がお尻から大きく動けば、ピッチングの際に大きな歩幅(スライド)が余裕を
もってとれるようになることで、フォームがスムーズになり、ダイナミックな動きとボール
のスピードが生まれるようになるのです。


肩と肩甲骨回りが柔軟になり大きく動くようになると、投げる際のティククバックや
胸を張る時にも余裕が生まれ腕の振りが鋭くなります。
また、身体を柔軟にすることは怪我を防止にもなり、パフォーマンスの向上に繋がります。


そして、監督やコーチから言われるままに練習メニューをこなしていても、何の為にやって
いるのか、その意味が分からなければ効果も半減してしまいます。



一般にピッチャーは他の選手よりもランニングなども長い距離を走ることが多いものです。
これはなんのためにやっているのかと言うと、ボールのキレやコントロールを良くする為です。


長い距離を走ることでコントロールを得る為の下半身の強化が目的なんですね。
このように練習メニューには、それぞれの目的があって、意識してそれを行うように
すれば、同じ時間練習するにしても、他の人と効果に差が出てくるようになります。


もし、あなたが自主トレしているけど、効果が本当にあるのか分からないようなら、
この森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!プログラムは、プロ野球選手も
納得して実践している練習メニューです。



その為、効果は確かなものと言えるので、一度どのような練習なのか、一度その内容を
チエックしてみると良いでしょう。

ピッチングスピードアップの練習方法を見てみる





2013年07月20日

ピッチングスピードアップ!プログラム 森部昌弘 小中学生を大きく育てる

 少年野球のピッチャーを大きく育てるには!?
森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!プログラムは、小中学生の
ピッチャーを故障や怪我をしない丈夫な体を作り、大きく育てる土台を
作るには最適な練習プログラムです。

pitching11.JPG

>>ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



あなたは、小中学生のピッチャーを将来的に大きく育てる為にはどのような
ことを意識すればいいのか分かりますか?


小中学生のピッチャーは早い球をコントロール良く投げたいと思っても
まだまだ成長途上です。


その為、小中学生のピッチャーはプロのように配球を求めるのは、そう簡単に
出来るものではありません。


したがって、今の自分の投げらえるボールを思いっきり投げるのが一番の攻め方に
なると思います。


ですので遊び球は必要ありません。
基本は遊び球なしの3球勝負の気持ちで投げるのが丁度いいかもしれません。
いずれにしても、1,2球はボールになるのが普通です。


そうすることで、ストライク先行のカウントがとれ、気持ちで相手に負けることが
なくなり、思いっきりのいいストレートが身に付きます。



逆に、ボール球を多用すると、逃げの投球の癖がついたり、ボール先行になることで、
置きに行ったところを打たれるというケースが多くなるということが良くあります。


小中学生は、ストライクゾーンに直球を思い切り投げるピッチングがベストです。
相手も同じ小中学生、思い切りのいい早い球ならそう簡単に打てるもんじゃありません。



ですが、中学生になれば、変化球も投げられるようになり、いろんな軌道を描く変化球は
投げて面白いのですが、知って欲しいのはストレートの早い球が投げらてこそ、変化球が
生きてきます。


ですので、小中学生のピッチングの組み立ての基本はあくまでストレートで押すイメージで
投げるのが、将来的にも大きく育つことが出来るようになります。



そんな、少年野球の球速を上げる練習やトレーニング方法は、下記から詳しくご覧に
なれますので、今後の参考にしてみて下さい。

ピッチングスピードアップの詳細はこちら!





2013年07月18日

ピッチングスピードアップ!プログラム 森部昌弘 効果的なトレーニング

 球速を短期間で上げる効果的なトレーニングとは!?
森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!プログラムの効果は、実践すれば
短期間で球速がアップする効果が目に見えて実感できます。

pitching11.JPG

>>ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



あなたは、今の球速でバッター打ちとることが出来ていますか?


野球は、少年野球から始まり、中学、高校、大学、社会人、プロ、メジャーと
上にあがって行きますが、当然、上に行けば行くほど打者の技術などスイングも
早くなり、これまで通用していた球速では通用しなくなってきます。


ピッチャーを続ける限り継続した成長がどうしても必要になってきます。


そして、この森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムは、速球を投げる
ピッチャー全てに共通している

『 腕をスイングする速度の速さ 』
『 踏み込みの強さ 』
『 体がよくしなる柔軟性 』
『 足の速さ 』
『 腕力の強さ 』
『 各関節の広い可動性 』


など、これ以外にもピッチャーに必要な全てを、このプログラムで強化&改善し、
球速を140km/hレベルにまで引き上げることが可能になります。


少年野球の時期なら、まだまだ成長途中なので、怪我をしない基本が身に付きますし、
中学や高校なら、身体も大きくなり発揮する力も大きくなってきますので、身体を
使って更に球速を伸ばす効果があるトレーニングが学べます。


大学や社会人なら、プロも実践しているトレーニングで更に上を目指す為の、
スピードアップは欠かせません。


そんな、少年野球から、中、高、大、社会人野球の投手にまで使えるのが、このピッチング
スピードアッププログラムです。


そして、大リーグなどの投手を見てると、身体能力の高さを生かして個性的な投げ方
をするピッチャーもいますね。


ですが、どこか無理して投げているように見えてしまいます。
あなたは、どのように見えますか?


それに比べ、日本のトップレベルの投手はバランスが良く、無理がないから、
コントロールも良く、ボールにキレがあり、球速が出ていると思います。
実際に、ダルビッシュなど日本のメジャーで良い成績を残している投手は多いです。


このピッチングスピードアッププログラムの著者である森部昌弘さんは、プロの
一流選手に指導するなど、プロ野球選手(メジャーリーグ含む)日本代表選手、実業
団大学、高校など多数の選手が実践して、球速を上げています。



しなやかで怪我をしない強い体を作り、潜在能力を引き出すトレーニングでコントロール、
球速15km/hアップして、柔軟で強い肩を作ることが出来ます。



そんな、プロも納得して実践している効果的なトレーニング法を知り、今より球速を上げて
マウンドで大活躍したい方は参考にしてみて下さい。

ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



pitching10.JPG




2011年12月18日

ピッチングスピードアップ!プログラム 森部昌弘 大学野球 感想

 森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムを
既に実践された大学野球部の方の感想です。



>>ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



大学で野球部のピッチャーをしている佐藤さんは、
この森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムを
実践して、1週間で球速とコントロール、持久力が向上したそうです。


僕は、大学の野球部でピッチャーをしています。
そして、自分の欠点は疲れてくるとストレートの伸びが
無くなる事でした。


そんな悩みもあり、このピッチングスピードアッププログラムは、
プロのソフトバンクホークスの高橋投手も実践し効果があった
事が映像で紹介されてあり、迷わず購入しました。


このトレーニングを実践してから、以前は試合で5回を過ぎた頃から
球威が落ちていたのがなくなりました。


そして、ピンチで精神的に苦しい時でもコントロールと球威を
安定させる事が出来るようになり、ストレートに自信がつきました。



自宅では毎日、肩を動かすトレーニングを続けていて、ストロークも
凄くスムーズになり筋肉も柔らかくなった感じが実践して1週間すぎ
あたりから効果がありました。


これからも、このピッチングスピードアッププログラムのトレーニングを
続けて、今よりもっとピッチングを極めようと思います。


効果がでる丁寧な的確な個別メールサポートあり!!

ピッチングスピードアップの詳細はこちら!




2011年12月11日

ピッチングスピードアップ!プログラム 森部昌弘 中学野球 体験談

 森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムを
ひとあしお先に実践された中学野球部の方の体験談を
紹介します。



>>ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



桑原くん(15歳)は、中学3年の野球部です。
そして、この森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!
プログラムを実践し、短期間で105km/hから116km/hに
球速が11km/hアップしています。


僕は、ずっと肩が弱い事が悩みでした。
そして、このピッチングスピードアップ!プログラムのトレーニングを
実践しました。


そして、肩の筋肉が以前よりかなりついてきたように思います。
その結果、いきなり球が速くなりました。
球が速くなったのは筋肉だけじゃないですよね?


父が言うには、体重移動がスムーズにいくようになったのと、
ピッチングの投球フォームが綺麗になったからではないか!?
と言っています。


以前に、肩が強い後輩の2年にレギュラーを取られて、肩が弱いから
だとずっと思っていて、肩の事ばかりに気を取られていました。


そして今は、以前より球速も11km/hアップして、嬉しくて
メールしました。
ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------

森部昌弘によると、肩の筋力ももちろん大事ですが、それ以外でも
補えるものはたくさんあるそうです。


肩の筋力ばかりつけて投げていると、肩を壊す恐れもあり
速い球を投げるためには、 総合的な力を身に付ける必要があり
一つどれかが欠けて球速アップはできないそうです。


このピッチングスピードアッププログラムのトレーニングは、安全に、
体全体のパフォーマンスをアップしていけ、体験談にもあるように、
球速が10km/h以上になる事が期待きます。



もし、あなたが短期間で球速をアップして、レギュラーになりたい
などのお悩みがあるなら、続きを下記から読み進めて下さい!


安心の10km/hの球速アップ保証付き!!

ピッチングスピードアップの詳細はこちら!