2013年07月20日

ピッチングスピードアップ!プログラム 森部昌弘 小中学生を大きく育てる

 少年野球のピッチャーを大きく育てるには!?
森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!プログラムは、小中学生の
ピッチャーを故障や怪我をしない丈夫な体を作り、大きく育てる土台を
作るには最適な練習プログラムです。

pitching11.JPG

>>ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



あなたは、小中学生のピッチャーを将来的に大きく育てる為にはどのような
ことを意識すればいいのか分かりますか?


小中学生のピッチャーは早い球をコントロール良く投げたいと思っても
まだまだ成長途上です。


その為、小中学生のピッチャーはプロのように配球を求めるのは、そう簡単に
出来るものではありません。


したがって、今の自分の投げらえるボールを思いっきり投げるのが一番の攻め方に
なると思います。


ですので遊び球は必要ありません。
基本は遊び球なしの3球勝負の気持ちで投げるのが丁度いいかもしれません。
いずれにしても、1,2球はボールになるのが普通です。


そうすることで、ストライク先行のカウントがとれ、気持ちで相手に負けることが
なくなり、思いっきりのいいストレートが身に付きます。



逆に、ボール球を多用すると、逃げの投球の癖がついたり、ボール先行になることで、
置きに行ったところを打たれるというケースが多くなるということが良くあります。


小中学生は、ストライクゾーンに直球を思い切り投げるピッチングがベストです。
相手も同じ小中学生、思い切りのいい早い球ならそう簡単に打てるもんじゃありません。



ですが、中学生になれば、変化球も投げられるようになり、いろんな軌道を描く変化球は
投げて面白いのですが、知って欲しいのはストレートの早い球が投げらてこそ、変化球が
生きてきます。


ですので、小中学生のピッチングの組み立ての基本はあくまでストレートで押すイメージで
投げるのが、将来的にも大きく育つことが出来るようになります。



そんな、少年野球の球速を上げる練習やトレーニング方法は、下記から詳しくご覧に
なれますので、今後の参考にしてみて下さい。

ピッチングスピードアップの詳細はこちら!





2013年07月18日

ピッチングスピードアップ!プログラム 森部昌弘 効果的なトレーニング

 球速を短期間で上げる効果的なトレーニングとは!?
森部昌弘さんのピッチングスピードアップ!プログラムの効果は、実践すれば
短期間で球速がアップする効果が目に見えて実感できます。

pitching11.JPG

>>ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



あなたは、今の球速でバッター打ちとることが出来ていますか?


野球は、少年野球から始まり、中学、高校、大学、社会人、プロ、メジャーと
上にあがって行きますが、当然、上に行けば行くほど打者の技術などスイングも
早くなり、これまで通用していた球速では通用しなくなってきます。


ピッチャーを続ける限り継続した成長がどうしても必要になってきます。


そして、この森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムは、速球を投げる
ピッチャー全てに共通している

『 腕をスイングする速度の速さ 』
『 踏み込みの強さ 』
『 体がよくしなる柔軟性 』
『 足の速さ 』
『 腕力の強さ 』
『 各関節の広い可動性 』


など、これ以外にもピッチャーに必要な全てを、このプログラムで強化&改善し、
球速を140km/hレベルにまで引き上げることが可能になります。


少年野球の時期なら、まだまだ成長途中なので、怪我をしない基本が身に付きますし、
中学や高校なら、身体も大きくなり発揮する力も大きくなってきますので、身体を
使って更に球速を伸ばす効果があるトレーニングが学べます。


大学や社会人なら、プロも実践しているトレーニングで更に上を目指す為の、
スピードアップは欠かせません。


そんな、少年野球から、中、高、大、社会人野球の投手にまで使えるのが、このピッチング
スピードアッププログラムです。


そして、大リーグなどの投手を見てると、身体能力の高さを生かして個性的な投げ方
をするピッチャーもいますね。


ですが、どこか無理して投げているように見えてしまいます。
あなたは、どのように見えますか?


それに比べ、日本のトップレベルの投手はバランスが良く、無理がないから、
コントロールも良く、ボールにキレがあり、球速が出ていると思います。
実際に、ダルビッシュなど日本のメジャーで良い成績を残している投手は多いです。


このピッチングスピードアッププログラムの著者である森部昌弘さんは、プロの
一流選手に指導するなど、プロ野球選手(メジャーリーグ含む)日本代表選手、実業
団大学、高校など多数の選手が実践して、球速を上げています。



しなやかで怪我をしない強い体を作り、潜在能力を引き出すトレーニングでコントロール、
球速15km/hアップして、柔軟で強い肩を作ることが出来ます。



そんな、プロも納得して実践している効果的なトレーニング法を知り、今より球速を上げて
マウンドで大活躍したい方は参考にしてみて下さい。

ピッチングスピードアップの詳細はこちら!



pitching10.JPG